インテリアコーディネート、環境リノベーション、住育、ライフオーガナイズ・・・Smaiku blog スマイク (住+愛+育) な日々ブログ
お問い合わせはこちらから
お知らせ
2019/09/20

インテリアコーディネートとオーガナイズ(収納整理)を進化させた新サービス、<a title="環境リノベーション Smaiku(スマイク)" href="http://smaiku.net" target="_blank">環境リノベーション Smaiku </a>のブログです。

環境リノベーション力を身につける、心の整理のコツをご紹介。
 

当初の環境 現在も環境リノベーションが着々と進められている「O邸」・・
今となっては大変貴重なご相談当初の環境風景です。

マンション12階のコーナー窓からは別府湾も見渡せる絶景ビュ〜なんですが
西陽で半分カーテンで閉ざされていて、カウンター上にも必要品が・・・賑やかです。

ご依頼のきっかけは
弊社でインテリアオーガナイズをスタートされていたK様からのご紹介でした。

今でも鮮明な打ち合わせのワンシーンを思い出せば・・
「5人家族で暮らすには収納が少ないんです」
「上手く収納スペースを増やして解決できないでしょうか・・」

と、頷ける状況とご要望をじっくり拝聴しました。
それから、
暮らしに必要なモノとのバランスについてのお話と対応策・・
O様が望む理想環境に必要な作業やスケジュールのご提案をしました。

約一年経った今では・・
すっかり軽やかな環境に変わってしまい、
お好きなアイテムの納品を楽しみに待っていらっしゃいます。

毎日のワクワク度は植物をみれば一目瞭然。
奥様、多忙なスケジュールとは思えないほど
どの鉢を見ても活き活きしてエネルギーたっぷり!

つくづく・・
自分の環境って、まるで生き物?かと思います。
大切に思うか、後回しにしておくか・・
その景色、気になるな〜と思いながらの毎日は
仕事や行動、家族への愛も不思議と空回りしがち・・

自分らしい「環境」を育てていく大切さを
目の前の植物がシンプルに発しているような・・気がします。
今では奥様・・
家にいるのが、とても楽しいんです^^とニコニコ顔です。

以前には無かった「ゆとり」が確実に定着していますよね。

「一年前って、どんな景色でしたっけ??(笑)」とおっしゃるので
膨大な写真資料の中から厳選して、今回のBlogトップに採用してみました。
(もはや鮮明に思いだす必要もないですね・・わざとボカシ入れてます^^)

必要な作業が進む中、
大切にしたいことに気づいていく過程は実に重要です。

各お部屋のプランも、湧き出た思いにフィットするよう柔軟に再考していきました。

IMG_2211
工事は大きく2回に分けて行いました。
見えないゾーン(工事過程)を重要視するsmaikuでは当然のことながら
信頼高い業者さんや腕の確かな職人さんを選び抜くことも大事な任務。

写真で見えているのは
コーナー窓にお勉強や寛ぎシーンに役立つマルチカウンターをつくる為の構造体です。

IMG_2512

実際、この構造体は予想以上の上部への張り出しでした。
カウンター下で脚が奥まで入りきれない事態が・・
施主様視点での、より良い改善案としてカウンターの出幅を広げるということで
ご主人にもご納得いただいた折は
ご家族を思う気持ちの強さをひしひしと感じさせられました。

気を引き締め直して、第2期の工事開始!

最近のライフスタイルに位置最適なコンセントやLAN環境は必須です。
快適な暮らしの要!とも言える電気配線工事も的確に進めねばなりません。
石膏ボードに必要な穴をぽこぽこ開けていっても、職人さんの仕上げ技術が実にお見事!

後日、その職人さんにあらためてお礼を伝えると
「いい緊張感でさせてもらいました!
上手な大工さんで、きれいに仕上げていてくれたから
あそこまでできたんですよ・・」

チーム力あってこその美しい仕上がり・・感謝です。
見えないチカラが大事な仕事をしっかり支えてくれているんですね。

IMG_4967
そして、見えないチカラのキーパーソン・・
それは・・ご依頼いただいたご本人です。

はじめの一歩を決意していただいた勇気、
リノベーションプロセスの手放す勇気、
自分の思いを伝える勇気・・

ご本人の奥様が、益々素敵に変化し続けていることが
何より嬉しくてたまりません。

思い描く本物の暮らしのために
途中、
潔い決断もしていただきました。
どうしてもスペースをとり、真の役割もままならず、
ついつい物置化するお祝い品でもあった勉強机を・・
考え抜いた結果、手放すことに・・

IMG_4045

IMG_4379

本当に今までありがとう〜
お祝いしていただいてありがとうございます!
「ありがとう」の気持ちをたっぷり込めて、ピカピカにして送り出されたようです^^

その勇気と成長し続ける新しい暮らし、ご家族の変化が益々楽しみでなりません。
家族みんなが心地良くなる本物の環境リノベーション!

益々頼もしく成長していきますよ♪

ピカピカの床を背にしたご機嫌な息子さんの笑顔が
なんとも最高ですね^^

ありがとう!!

IMG_1813

つづく・・

 

Smaikuでは
マンション購入や
新築、大掛かりなリフォームをしただけでは得られないレベルの
新環境を創りあげていきます。

心地いい暮らし

仮に新しい住まいに諸々3,000万円必要だとしたら、
その100分の1の費用で実現もできます。

仮に新しい住まいが整うプロセスで環境リノベーションを取り入れたら、
本当のじぶんが喜ぶ新環境を作り上げることができて、
家を3軒建てる必要もない・・

なんてエコで賢い選択なんでしょう〜と心底思えます^^

さらなる上の素晴らしい価値は
腑に落ちて
すっかり身につけることのできる新しい考え方です。

知っているだけでは日常に活かせない・・
腑に落ちてしまっていることが肝心です。

これは、パートナーや子どもたちにも良い波及を与えます。

波及

そんな壮大な価値をお土産に
親友のお家に出かけていくような気分で
ウキウキ仕事ができている「じぶん」は今喜んでます。
「じぶん」がまず最高に喜んでいてこそ、
その波及が目の前の方にじわじわ伝わるんですよね。

私の特徴・・
知育ゾーンに入るとついつい時を忘れて会話が弾みすぎてしまって
3人もお子さんがいるとなれば、ことさら恵まれたその環境に羨ましいばかり・・・

毎日忙しくて混乱気味の暮らしをおくっているかたへ
プロセスの感覚をお伝えしたくて、

こんなミニ動画を・・



つくってみました。

活発すぎる幼児を育てる母親のひとりとして、
どんな状況でも不思議と安定ポジション・・

数年足らずの貴重な育児タイム、
是非「じぶん」育てに活用いただくことオススメです。

本日も
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2013/4/3

Smaikuブログへようこそおいでくださいました。

当サイトについては昨年のこの時期くらいから思いが芽生え・・
芽生えたことが形になりはじめた頃から、足並み揃うかのように仕事も忙しくなり・・
アルティマブログ更新は、すっかり滞ってしまって・・
充実の毎日を記録することができないまま
あっと言う間の春がやってまいりました。

 

Fresh!


「自分らしさ」の新表現ともなるSmaikuブログ&メルマガ!
これまでの奥深い修行のダイジェストとも言える内容もそのまま綴ります^^
見えない「根っこ」部分を肝に、変化する四季と歩調を合わせて綴るメルマガと
見えている「環境」を整える価値をリアルに伝えるブログの相乗効果が
やがて未来を担う子供たちへの真の財産へとつながってくれると願っています。

好きで続けてこれた今の仕事が・・
25年目にして、ようやく「志事」と言えるようになりました。

ここで今、スタートラインに立てたことは幸運です。
「心根」を毎日すくすく成長させて、
今この瞬間・・目の前にいてくれている人へ
環境の変化を受け入れる「勇気」のサポート・・が私の役割だとしたら、

子供たちの健やかな成長や可能性を
最大限にサポートできる大人(環境)を増やすこと・・が私の志事。
大人でも子供でも自信が持てる自分らしい環境に居ることで良い循環がおこります。
そして、それは明るい未来につながる「希望」だと信じています。

さてさて、新ブログトップの写真は「アルティマ工房」の花壇です。
今はピンクの絨毯・・(サクラソウ?正式な花名なんでしょうか??)
叔母が昨年苗を植えていってくれました。
季節ごとに、いつのまにか植え替えてくれる花好きな叔母・・

この冬はうっかり植え替えシーズンを逃してしまったのに
なんと花ざかり!!となりました。
そう・・昨年の春に満開だった花の種が地面に落ちて
寒い冬のさなかに小さな芽をちらほらと出しはじめたのです。

そんな事とは露知らず・・ある日私はせっせと花壇の草取りをしていました。
偶然その時、通りかかった叔母が
「それは草じゃないんよ~ 抜かないでいいよ~」と
素敵なタイミングで言いながら通り去るではありませんか^^;

なんて幸運!花壇の隅にちらほら芽をだしていた雑草そっくりのサクラソウ?
一雨ことに急成長・・この春、見事に満開です。

omigoto!

種こそパワフル!
普段、苗を買ってきて植えている私は
種からでも見事に成長するなんてスゴイ!と感心したんです。

はじめは地味で小さくてパッとしなくても、
水や栄養を与えて、じっと見守る・・
特に成長いちじるしいのは土砂降りの雨の日の翌朝です。
おどろきの急成長!!
草と勘違いされていた彼らは今まさに花壇で堂々と輝いています。

この自然界の見事な循環・・
ささやかなマイ花壇にさえ、人生ドラマと重ね合わせてしまう今日この頃^^;

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。